英訳や中国語訳は有名ですが、ビジネスでは他国の言語も必要…。そんな様々な言語の特徴をご紹介します!

言語ごとの主な特徴

英語翻訳

英語は世界で一番使用されている言語なだけあり、日本でも一番多く利用されている翻訳です。殆どの翻訳会社で英訳サービスが提供されています。
ほぼすべての業者で提供されていても、料金も制度も翻訳会社によって様々です。
比較する際は、是非当サイトの一括見積もり+お問い合わせをご利用ください。
品質を重視するのであれば、ネイティブ翻訳者に依頼するのが主流でしょう。

中国語翻訳

日本で翻訳サービスの利用で英訳に並ぶのが中国語じゃないでしょうか。
中でもビジネス翻訳が多く、中国へと企業進出をしたり、逆に日本に来た中国人向けにと、
パンフレットやマニュアル、サイトや書籍などと利用が多いのが特徴です。
勿論、香港や台湾やほか地域によって異なる言語でもあるので、翻訳媒体やターゲットを翻訳会社に説明すれば、その地域に合わせた翻訳サービスを受けることができるでしょう。

韓国語翻訳

韓流でも良く利用された韓国語翻訳ですが、近日では韓国企業が日本進出している傾向に見えます。そのため翻訳の人気も高く、対応している翻訳サービス会社が多く、精度も高いといわれています。
面白いことに、韓国語では家族を「ガジョク」、無条件を「ムジョコン」、二酸化炭素を「イサンファタンソ」と言われるように、日本語と似ている単語が多いのです。
翻訳のみならず親しみ深い言語ですね。

フランス語翻訳

フランス語は世界で約50カ国以上で使われている言語で、多くの国で公用語として扱われています。文化性も非常に高いので、専門の知識が必要になる場合が多くあります。
論文から手紙、ビジネスで翻訳サービスが活躍しています。

イタリア語翻訳

英訳や中国語訳などのほかの言語に比べて、翻訳者が少ない言語ですが、
専門の翻訳会社では、少ないからこそ品質が高いサービスを提供しています。
個人的な手紙などの小規模翻訳から受け付けている業者も少なくありません。
観光や料理、デザイン関連などのイタリア独自文化があることから専門の翻訳会社に任せることを強くお勧めします。

ドイツ語翻訳

芸術が有名だったり、多くの書籍を出版しているドイツですが、それに合わせてか書籍翻訳が多いそうです。
地域方言もあるので、翻訳するものによって使い分けると良いかもしれません。

スペイン語翻訳

スペイン語はイスパニア語や西語とも呼ばれています。
英語や中国語や韓国語が身近で、イタリアやドイツ、フランスなどの方がよく見たり聞いたりするせいか勘違いしがちですが、実はスペイン語は世界中の言語の中で3番目に多く使われていて
「第三の言語」と言われています。知ってましたか?
ビジネスや専門的な伝統文化の翻訳が人気です。
スペイン語は、イタリア同様で手紙のような短い文章の翻訳から受け付けている会社が多いです。

pagetop